みぃたんのゲームブログ
*
ホーム > カジノ法案 > ギャンブル依存症がカジノ法案の問題点

ギャンブル依存症がカジノ法案の問題点

カジノ法案が現在日本で騒がれていますが、私個人としてはこのカジノ法案は賛成、反対、どちらでも良いです。

まず、このカジノ法案、反対派の意見としてはギャンブル中毒や景観を損なうと言う意見が多くありますが、私個人としてはパチンコもありますし競艇、競馬もあり日本は結構ギャンブルができる施設が多いです。

ギャンブル依存症の症状

ですのでギャンブル依存症を言うのであれば競艇、パチンコ全部無くしてくれと言う話になりませんか。

次に景観ですが、たくさんできれば景観は悪くなります。

ちょっと前までは被災地などはパチンコ店ばかりがあり景観が悪くなっていたのでカジノが儲かるからといって大量に作れば景観は悪くなるでしょう。ですので、私としては反対意見としてカジノ法案が嫌ならまずはすべての賭け事を禁止してから話をするべきです。そうじゃないとフェアじゃないです。後、数年後にカジノが廃れるのではと言う意見もありますがこの意見については賛成です。カジノ法案でカジノの経営がOKとなりカジノを運営したとして、数年後にお客さんが遠方から来てくれるかどうかは未知数です。スロットやバカラなどを置いているだけでは廃れるでしょう。

カジノ法案が可決した際、日本のカジノが世界にどれほど魅力的な存在であるかをアピールしなければカジノ法案が可決しても失敗するでしょうね。理由は勧告がそうなのですから。韓国も日本と同じようにカジノ法案を通し、カジノを経営している町がありますがこちらは経営を失敗していると言えます。理由は地元の人しか来ないからです。

ギャンブルをするのに地元の人が借金までしてギャンブルをするのですが、借金をした際のお金を返せない人が多くカジノもそのお金を回収できないため廃れていきました。日本でもカジノ法案可決後に地元の人しか集まらないようなカジノなら韓国と同じように家事の運営に失敗するだけではなく国民が借金をしてまでカジノをするということになりかねないかもしれません。

私としてはカジノで依存症になるのは自己責任だと思いますから賛成でも反対でもどちらでも良いです。ただ、カジノ法案後に国民の生活が苦しくなるようなことがあるのなら反対です。例えばカジノを国営化するための資金として税金が上がるとかだと反対しますが、カジノで儲けたお金を国民に免税と言う形で返還するのであればカジノ法案には賛成です。

国民も馬鹿ではありません。メリットがないのであれば賛成も反対もしないです。

 

ギャンブル|このところカジノ法案の認可に関する記事やニュースをさまざまに発見するようになりましたね…。

 

重要なことですがカジノのゲーム攻略法は、使用してもインチキではありません。しかし、チョイスしたカジノによっては禁止されているゲームになっている可能性があるので、ゲーム攻略法を使用するなら大丈夫と確認がとれてからにしましょう。ギャンブルの中でもスロットは相手が機械になります。それとは異なり、カジノは心を持った人間が敵となります。相手がいるゲームならば、攻略法はあるのです!心理をついたり、ゲーム理論に詳しくなったり、様々な視点からの攻略が考えられるのです。今度の臨時国会にも提出するという話があるカジノ法案の行方が気になります。カジノ法案が決まると、どうにか自由に出入りができるカジノリゾートへの参入企業が増えてくるでしょう。ラスベガスのような本場のカジノでしか味わえない特別な空気感を、家にいながら簡単に体感することができてしまうオンラインカジノは、たくさんの人にも人気を博すようになり、ここ何年間でますます利用者数を飛躍させています。それに、ネットカジノの特徴としては多くのスタッフを抱える必要がないため投資回収率がパチンコなどと比較する意味がないほど高率で、競馬を例に挙げると70~80%程度を上限値となるように設定されていますが、ネットカジノになると90%を超えています。従来からカジノ法案提出については検証を重ねてきたわけですが、現在はアベノミクスの影響から外国人旅行客獲得、観光資源、就労、お金の流通などの見解から世間の注目を集めています。当然ですがオンラインカジノで利用可能なソフトに関しては、お金を使わずにプレイができます。課金した場合と全く同じ確率でのゲームとしていますので、難しさは変わりません。無料版を試してはどうでしょうか。優れたカジノの必勝攻略メソッドは、その一回の勝負のためではなく、数回負けたとしても収支では儲かっているという視点のものです。事実、利用して勝率アップさせた効果的な攻略方法もあります。オンラインカジノゲームの何で勝負するかを選ぶときに忘れてはならない比較事項は、何よりも先に還元する率(ペイアウト率)といわれているものと、ゲームでの当たり(ジャックポットともいう)がどれくらいの確率で見ることができているのか、という部分ではないでしょうか。このところカジノ法案の認可に関する記事やニュースをさまざまに発見するようになりましたね。また、大阪市長もようやく全力で行動にでてきました。日本維新の会は、第一弾としてカジノのみならずリゾート地の推進として、国により許可された場所と事業主だけに限定をする条件で、カジノ経営を許可する法案(カジノ法案)を国会に提出したのでした。カジノの仕組みを知らないうちからレベルの高い攻略方法や、英文対応のオンラインカジノを軸に参加するのは大変です。最初は日本のフリーでできるオンラインカジノからトライしてみるのが常套手段です。宣伝費が高い順にオンラインカジノのウェブサイトを意味もなく順番をつけて比較するようなことはやめて、自分自身で現実的に自腹を切って遊んだ結果を正直にランキングしていますから信頼していただいて大丈夫です。流行のネットカジノは、カジノの認可状を発行可能な国の公式な運営ライセンスを手にした、海外発の通常の企業体が管理運営しているネットで使用するカジノのことを言っています。慣れてない人でも怖がらずに、確実にスタートできる優良オンラインカジノを入念に選び比較することにしました。何はさておきこのランキング内からスタートしましょう!